赤ワイン

アルベルト・アングイッソラ / カゼ[2014]

¥2,900 (税別)

J7-

この商品は現在売り切れです

入荷次第、連絡を希望される場合は記入してください。

生産者情報

アルベルト アングイッソラが1998年に始めたワイナリー。土壌や微気候などの調査の結果、現在の畑があるピアチェンツァ南西部、トラーヴォの標高530-560m、南向きの険しい斜面を選び、1998年に0.32ha、 2000年に0.75haのピノ・ネーロを植える。

その土地の持つ個性と、ヴィンテージの特徴を余す所なく表現した、そして他のワインとも容易に違いを判別できるような個性を内包したワインを造ることを目標としており、 その実現のためには畑での自然なアプローチが必須と考え、化学肥料も、除草剤などの化学的な農薬も一切使わず、ボルドー液をのみを使用。セラーでも自然な造りを心がけ、温度管理も培養酵母を添加せず に醸造を行う。

カゼ リーヴァ デル チリエージェは、約40日間の醗酵・マセレーションを行い、バリックまたはトノーで12~18ヶ月熟成の後、ノンフィルターでボトリング。カゼはマセレーション期間を短く(25日)し、一部 バリック、一部ステンレスタンクで熟成させたセカンドライン。

商品紹介

自身の畑のピノネーロからスタンダードラインの「カゼ」と、選りすぐりのブドウを長期間マセレーションした、「カゼ リーヴァ デル チリエージョ」の2つのワインを生産。

「カゼ」は、樹齢の若いブドウを、マセレーション期間を短く(25日)し、一部バリック、一部ステンレスタンクで熟成させたセカンドラインなのですが、太陽に恵まれなかった2014年に限っては、収穫した大半のピノ ネーロは皮ごと醸すことなく微発泡性ワイン(ハルサメ)となり、通常でしたらリーヴァ デル チリエージョに使われる、樹齢の最も古い区画の斜面上部のピノを使って醸したのがカゼ2014になります。

入荷当初は確かに、飲んで「薄い、、」と感じるワインでしたが、3年経った今は、全然違う表情を見せてくれています。
くっきりしっかりとしたワインではありませんが、しなやかな柔らかさと落ち着いた雰囲気、どんどん飲み進むのに全然飲み疲れしない優しさ。
抜栓したては、ごく僅かに還元香を感じるボトルもありますが、空気に触れさせてあげることですぐに消えますし、2日目も3日目も落ちることなく素敵な表情をみせてくれます。

まだカゼ2014をお試しいただいたことの無い方、以前のイメージからちょっと遠ざかってしまったという方にも、不安な気持ちからいっとき離れて、健全な食事とともにホッとするワインで安らぎのひとときを感じて頂けたら、嬉しいです。

容量

750ml

タイプ

度数
12%
地域
イタリア/エミリア・ロマーニャ
生産者
アルベルト・アングイッソラ
ブドウ品種

ピノネーロ

その他

 


*ギフトラッピングご希望の方は、こちらよりボトルサイズにあったものをカートにお入れください。

  • 未成年者の飲酒は法律で禁止されています。
  • 未成年者に対してのお酒の販売はいたしません。
  • 実店舗での販売も行っているため、在庫がない場合がございます。
  • 環境保護のため、ギフトラッピング以外では、ダンボールなどの梱包資材の再利用をさせていただく場合がございます。ご理解を賜りますようお願い申し上げます。