白ワイン

ルーシー・コロンバン / ピノブラン・ジャルダン・デ・ロピタル[2019]Lucie Colombain / Pinot Blanc Jardin de L'hopital

¥4,290 (税込)

C3-

この商品は現在売り切れです

入荷次第、連絡を希望される場合は記入してください。

ルーシー・コロンバン / ピノブラン・ジャルダン・デ・ロピタル[2019]Lucie Colombain / Pinot Blanc Jardin de L'hopital
ルーシー・コロンバン / ピノブラン・ジャルダン・デ・ロピタル[2019]Lucie Colombain / Pinot Blanc Jardin de L'hopital

生産者情報

ルーシー コロンバンは、ジェラール・シュレール・エ・フィスのブルーノの幼馴染でもあるエリック・コロンバンの叔母さんの名前で、ルーシーは1980年代まで彼女の名前を冠したワイナリーを経営していました。コロンバン家の誰も継ぐ思がなかったということもあり、ワイナリーは廃業、彼らが所有する畑は貸しに出されていたのですが、2017年の契約が切れるタイミングでブルーノが手を挙げます。それもそのはず、コロンバン家が所有する畑の中には、プェルシックベルグのゲヴュルツトラミネール、アイヒベルグのピノグリ、シャン・デ・ゾワゾーのリースリング、など、ブルーノ的には垂涎の的なものがあり…。恐らくですが、近所からのやっかみには既に事欠かなかったブルーノ(笑)、そんな良い条件の畑を独り占めして更にやっかまれるのも嫌だったという事情と、コロンバン家に対する敬意を融合させるべく、エリックとエリックの兄弟と一緒に、ルーシー・コロンバンという名の会社を立ち上げます。そしてエリックは、ルーシー・コロンバンの役員であるのと同時に、ジェラール・シュレールの従業員となり、シュレール家とコロンバン家の畑での作業に従事、カガミケンジローが抜けた穴をなかなか埋められずにいたブルーノ的にも大助かりで、彼自身セラーでの仕事に集中できるように…。

商品紹介

アルザスが原産地と考えられているピノ ブランは、ピノ ノワールの変異種で、ピノ グリともDNA的に近い関係にあり、変異と先 祖返りをしやすい近親種といえるブドウ品種である。果房が松かさに似ていることからフランス語で「松」を意味するpinという言葉 から名付けられた黒ブドウ「ピノ ノワール(黒いピノ)」から派生した品種であるため、この白ブドウは「ピノ ブラン(白いピノ)」と呼ば れ、イタリアではピノ ビアンコ、ドイツではヴァイスブルグンダーの名前で親しまれている。元々診療所のあった場所の前の畑で取 れたピノ ブランから造られるワインであるため、「ジャルダン デ ロピタル(診療所の庭)」と名付けられた。

若い時はどうしてもやんちゃなブルーノのワイン! 2019年ヴィンテージは意外なほど早く落ち着いてきそうです。香ばしく(揮発酸&硬いミネラル)若々しい香り、ちょっとだけプチプ チしていて味わいは案外リッチです。この時点で非常に表現力があって良い感じ。余韻はハツラツ果実感と可愛らしさ、良いボ リューム、良いミネラル。3日目、果実より酸が目立ってくる。でも何故かワインとしては落ち着いてきていると感じ、すごく美味しい です。やっとシュレールらしさ出てきた!7日目、プチプチとか、開けたてのムンムン果実感が抜けて脱力系硬いミネラル、うま い!豆も全く感じず安定感あり、時間をかけて飲んでもらいたいワインですね!開けたてなら食事の前半に飲みたいし、7日経っ たものなら食事の後半にゆっくり楽しみたいですねー!

容量 750ml
タイプ
度数 12.5%
地域
フランス / アルザス
生産者
ルーシー・コロンバン
ブドウ品種
ピノブラン
その他


*このワインはアルザス型のワインボトルの為、ギフトボックスのご利用ができません。

  • 未成年者の飲酒は法律で禁止されています。
  • 未成年者に対してのお酒の販売はいたしません。
  • 実店舗での販売も行っているため、在庫がない場合がございます。
  • 環境保護のため、ギフトラッピング以外では、ダンボールなどの梱包資材の再利用をさせていただく場合がございます。ご理解を賜りますようお願い申し上げます。
ルーシー・コロンバン / ピノブラン・ジャルダン・デ・ロピタル[2019]Lucie Colombain / Pinot Blanc Jardin de L'hopital
ルーシー・コロンバン / ピノブラン・ジャルダン・デ・ロピタル[2019]Lucie Colombain / Pinot Blanc Jardin de L'hopital