ロゼワイン

ローズィ / リフレッソ ローズィ[2019]Rosi Eugenio / Riflesso Rosi

¥3,190 (税込)

J9-

この商品は現在売り切れです

入荷次第、連絡を希望される場合は記入してください。

ローズィ / リフレッソ ローズィ[2019]Rosi Eugenio / Riflesso Rosi
ローズィ / リフレッソ ローズィ[2019]Rosi Eugenio / Riflesso Rosi

生産者情報

緻密に考えられたバランスと複雑さ、奥に見える土地の強い個性。トレンティーノという厳しい環境に向き合い続けた最高の造り手。ロヴェレートから北へ5kmほど、piccolo dolomiti(小さなドロミテ渓谷)と呼ばれている渓谷の間に広がるマルツェミーノのブドウ畑。反面、少し山に入れば、石灰岩、砂、険しい斜面に包まれたブドウ畑が広がっている。それぞれの環境、栽培、品種、数えきれないほどの実践と検証を繰り返してきたエウジェニオ。カベルネやメルローの持つ本質、マルツェミーノが見せる素直さ、そしてノジオーラの新しい可能性。醸造においても同じ、彼の探究心の強さには絶句してしまう。マセレーション(果皮浸漬)の意義、野生酵母による醗酵とその効果、熟成による変化。すべての意味を追求する彼のたどり着いた答えは、とてもシンプルなものだということ。これからの変容と兆しを感じる造り手。

トレントの南、ロヴェレート近郊の町ヴォラーノ。 スプマンテの生産やマルツェミーノを代表として昔から盛んに 栽培・醸造が行われてきた土地。とはいうものの、 基本的にはスフーゾ(量り売り)の文化であり、 多産に適したペルゴラ仕立てのブドウ棚の風景が良く似合 う土地。父のブドウ作りが彼にとってのスタート、 そして醸造家としての道を選ぶ。いかに的確に、 効率よく、合理的に、、、 そのような言葉ばかりの醸造から解放される きっかけとなったものは、土地の適性、 ブドウ樹の計り知れない可能性を自ら体験したこと。 畑は大小10か所以上に点在し、 マルツェミーノをはじめとし、 カベルネやメルロー、ノズィオーラ、 ピノ ビアンコ、シャルドネ等を栽培。 しかしそれぞれの畑は細かく寸断され、 合わせてもわずか 6ha にしか過ぎない。畑の土壌は、 この地域全般に言える砂質、粘土質 土壌、標高 750mにある Barassa の畑(シャルドネ) やノジオーラ、ピノ ビアンコの畑は、 細かく砕かれた石灰岩が多く含まれており、 非常にミネラルに富んでいる。

商品紹介

果皮の成熟が弱い黒ブドウを用いて造られるロザート。そこにアニーゾスから圧搾した果皮を加えることで、「白ブドウの持つ要素でワインを守る」、という 独自のコンセプトより造られるワインです。2019年は収穫に恵まれ、非常に豊かな味わい!しっかりとした強い果実に、全体を引き締める白ブドウ由来の ほのかなタンニン。繊細で柔らかいロザートに、白ブドウの果皮に残るエキスや旨みをプラスすることで、長い熟成にも耐えられるロザートになると考えたエウジェーニオ。色調はやや濃いですが、果実由来の旨みと酸の心地よさ、バランス感のあるロザートです。

メルロー、カベルネ ソーヴィニヨン、マルツェミーノ、樹齢20年前後の畑。 黒ブドウより醸造したロゼに、圧搾した後の白ブドウのヴィナッチャ(果皮、種子)を 加えて 1 か月のマセレーション。デリケートなロゼを守るため、白ブドウの持つタン ニン、要素を持たせる。突飛な手法でありながら、繊細さ、柔らかさを持った味わい深いロザートです。

容量 750ml
タイプ ロゼ
度数 12.5%
地域
イタリア / トレンティーノ・アルト・アディジェ
生産者
ローズィ・エウジェニオ
ブドウ品種
メルロー、カベルネ ソーヴィニヨン、マルツェミーノ
その他

 

*ギフトラッピングご希望の方は、こちらよりボトルサイズにあったものをカートにお入れください。

  • 未成年者の飲酒は法律で禁止されています。
  • 未成年者に対してのお酒の販売はいたしません。
  • 実店舗での販売も行っているため、在庫がない場合がございます。
  • 環境保護のため、ギフトラッピング以外では、ダンボールなどの梱包資材の再利用をさせていただく場合がございます。ご理解を賜りますようお願い申し上げます。
ローズィ / リフレッソ ローズィ[2019]Rosi Eugenio / Riflesso Rosi
ローズィ / リフレッソ ローズィ[2019]Rosi Eugenio / Riflesso Rosi