2023/1/20(金) 第30回試飲会レポート

2023/1/20(金) 第30回試飲会レポート

ヤン・マティアス・クライン /  パーティ パンダ ペットナット[2021]Jan Matthias Klein / Party Panda Pet Nat

https://kawagoekadoya.shop/products/2021-jan-matthias-klein-party-panda-pet-nat

心地よい柔らかな泡。ほんのりと甘やかな香りにラムネのような爽快感と旨みが詰まった味わい!さすがの安定した美味しさ。

フランチェスコ・ブレッツァ / ブレッツォリーナ [2020] Francesco Brezza / Brezzolina

https://kawagoekadoya.shop/products/2020-francesco-brezza-brezzolina

開けたては「あれ?」って言うくらいなんの香りも味もしない感じ。しかし抜栓後20分くらい経つと、ぐんぐん味も香りも膨らんできます。安定していて食事に寄り添う感じの白。試飲会でも大人気でしたので残りわずか。2,000円台という価格も嬉しい。

ジャン・フランソワ・ドゥブール / ロレ デ ピエール ジョーヌ [2018] Jean-François Debourg / l'Orée des Pierres Jaunes

https://kawagoekadoya.shop/products/2018-jean-fran-ois-debourg-lor-e-des-pierres-jaunes

ボージョレのヴィオニエと言うちょっと珍しい組み合わせ。ヴィオニエらしい甘やかな香りに程よい酸とドライなアフター。ヴィオニエにしては派手すぎない香りとエキス感が嬉しいワインです。

スー・ル・ヴェジェタル / パリ・アンド・ジェネシア [2018]Sous le Végétal / PALLI&GENESIÀ

https://kawagoekadoya.shop/products/2018-sous-le-v-g-tal-palli-genesi

さすがのパトリック・ブージュ(ラ・ボエム)のワインです。ギリシャの気候条件などはよく知りませんが海の塩気を感じます。1日で飲んでしまうのは勿体無い!2日目、3日目とグングン美味しくなるワインです!今回はこちらのワインを抜栓しましたが、ボエムの他のギリシャシリーズも同様の美味しさです。

ボルガッタ/ ローザ・ルナ [2021] Borgatta /  Rosa Luna (L.2021.0322)

https://kawagoekadoya.shop/products/2021-borgatta-rosa-luna-l-2021-0322

齡85歳のエミーリオ爺が日本のインポーターさんの為に、自家用で作っていたロゼワインをボトリングしてくれました。チャーミングな果実味に程よい酸味があり、永遠に飲み続けられそう!赤ワインがメインの生産者ですが最高のロゼです!

ヴァン・ノエ / ナ・サン・ジュリ [2020]

https://kawagoekadoya.shop/products/2020-vin-noe-na-sans-julie

アメリカ人がブルゴーニュで醸す!SO2無添加のガメイ。
酸がしっかりと残っていて飲みやすく上品なガメイ。ガメイのイチゴ感はあまりなく、品のある果実味と旨みがあります。本当にガメイ?って感じの仕上がり。

レ・ヴィーニュ・ド・ラトリ / ラ・トリビュ [2020] Les Vignes de l’Atrie  / La Tribu

https://kawagoekadoya.shop/products/2020-les-vignes-de-l-atrie-la-tribu

苺やドライフルーツのような甘やかな香り。この熟した果実味にほんのり感じる揮発酸のバランスが絶妙!ナチュール好きにはたまらない赤ワインです。日本初上陸の生産者ですが、2021年でワイン造りは辞めてしまったとのこと。

ヤニック・ペルティエ  / コクシグル[2017]Yannick Pelletier / Coccigrues

https://kawagoekadoya.shop/products/2017-yannick-pelletier-coccigrues

締めは南仏、ヤニック・ペルティエのトップキュヴェ!南仏の野暮ったい感じは全くなく、はっきりとした黒系果実の味わいに澄んだクリアな色調。 緻密で複雑味のある味わいにピュアで滑らかな飲み心地は上品さすら感じさせます。